お問い合わせタイトル
上に戻る HOME

経済産業局「電気事業法」により、高圧受電設備を有する場合、
自家用電気工作物として取り扱われます。

電気を保安するには、経済産業局の許可のもと、電気検定第3種以上の有資格者のみ管理することができます。
通常、建物を建てる時、高圧受電設備に対しての基礎知識など建築関係者より教え られることなく設置されます。 電気管理者を指定しなければ、建築関係者からの紹介で疑うことなく毎月のコストを 支払う義務が発生します。 受電設備のみ設置する場合も同様に管理者の選定は大半の方が業者任せになっているのが、現状です。



ちゃんとした技術者なのか?
良いサービスを受けているのか?
価格に満足はしているのか?


もしショートしたコードの火花で火災を起こしたら・・・?
誤作動による故障を起こしたら・・・?
高圧受電設備は、企業代表が責任者です。

損害を最小限に抑える保険を完備しています。
営業時間外の会社に安心できます。

他社のサービスと比較検討してください


24時間365日休まず監視していますので、
営業に支障をきたすような万が一の事態を回避できます。



コピーライト_HOMEに戻る_
HOME 上に戻る